ざっくり説明。お薬の成分アセトアミノフェンとは?

Pocket

こんにちは。薬剤師のmonakaです。

めちゃめちゃざっくりと薬の説明をしてみます。

今回は基本の解熱鎮痛剤アセトアミノフェンについて、です。解熱鎮痛剤とは読んで字のごとく、熱冷ましかつ痛み止めです。熱のあるときに飲むと頭痛やのどの痛み、体の痛みも抑えられます。熱を下げてくれるし痛みも取ってくれるのです。しかし、熱を取るだけ、痛みをおさえるだけ、という使い分けは出来ません。あまり皆さん気にしていませんが、熱のない時にどこかが痛いからと飲んだ場合であっても体温は下がってしまうので、その点には注意してください。私は一度頭痛の時に解熱鎮痛薬を飲んで、頭痛は良くなったけれど寒くて動けない!という悲しい経験をしたことがあります。冷え性なので、強く感じたのかもしれません。

アセトアミノフェンは、処方されるときは「カロナール」という名前だったりします。最近は成分で統一する方向なのでアセトアミノフェンと書かれることもあります。また、市販品だと「タイレノール」という名前で売られています。

家に総合風邪薬があるなら成分を見てみてください。アセトアミノフェンが入ってるかもしれません。解熱鎮痛剤は他に何種類もあるので、アセトアミノフェンでなかった時は「あ、違うな」と思って流して下さい。

アセトアミノフェンは安全性が高いです。赤ちゃんの熱冷ましにも、お年寄りの熱冷まし/痛み止めにも使えます。迷ったらこの成分を選ぶと良いです。

安全性は高いけれど、肝臓の病気の人はお医者さんに相談してください。薬を飲んだ後にだるさ、吐き気、かゆみとかが出ちゃった時は飲むの止めてください。副作用かもしれません。症状が辛かったら我慢せずお医者さんに相談してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました