え?!血液型と病気って関係あったの???

赤血球イメージ 健康
Pocket

こんにちは。薬剤師monakaです。

血液型占い好きですか?私は大好きです!

仲よくなったらすぐに血液型と誕生日を聞いてしまいます。

根拠なんてなくていいんです。性格やお互いの相性について当たってる!当たってない!といった感じでこの話題は盛り上がります。 と思っております。

薬剤師になってはや数年。まさか、まさか血液型と病気に相関があったなんて!!!

学校では移植と輸血の話しか聞いてなかったですけど!!!

血液型のルーツについて

始まりはO型説。マンモスと戦ってた大昔はみんなO型でした。

・畑や田んぼを耕し定住する集団ではA型が増えました。

・遊牧生活の集団ではB型が増えました。

→みんな混ざってAB型が出現しました。

ホントかどうかは謎ですが、全体的にAB型が少ないことと、日本人にA型が多いといわれるのはそういうことなのかあと妙に納得できる点があります。

基準はO型?

O型は何かと病気しにくいような印象でした。

  • A型はO型に比べて××が**%生じやすい
  • B型はO型に比べて××が**%生じやすい
  • AB型はO型に比べて××が**%生じやすい

にたいして

  • O型は他の型に比べて××が**%生じやすい

こんな風にまとめられた記事が多かったです。O型がやたら優秀にみえますね。

O型には抗原がないので、O型を基準に計算しているためと思われます。(A型とB型には1つ、AB型には2つ抗原があります。)

逆に、O型には抗体があります。他のどの血液型よりも多い抗体を持つために、病原体への抵抗力が一番強いとされているようです。

O型の残念な点としては、多量出血してしまったときに死亡しやすいデータがあるようです。なぜか止血力が弱めなのですね。

まとめ

血液型と病気に関係があるなんて考えもしませんでした。まだまだ研究中のようですが、自身の体質を知ることは病気の予防につながります。今後の血液型トークは、相性占いよりさらにまじめな話題として盛り上がりそうです。

タイトルとURLをコピーしました