皿洗いが好きになった、そのコツを紹介します。

コップを洗う画像 家事
hands of woman washing the glass in sink

こんにちは。monakaです!

お皿洗い、好きですか?
私にとって、皿洗いは一番嫌いな家事でした。
だって、油でベタベタするし、洗剤で手は荒れるし、バシャバシャ使って水はもったいないし…。
とはいえ自炊するからにはお皿を洗わないといけません。

テンションだだ下がりで嫌々お皿を洗ってきたわけですが、

最近コツをつかんで、苦手意識がなくなったのでブログに書こうと思います!!

洗う前に油汚れを拭き取る&予洗いをする

汚れたお皿をいきなり洗うのは効率が悪いです。
スポンジに洗剤つけて、泡立てて、2,3枚洗ったら泡立ちが悪くなり…。
スポンジ軽く洗ってまた洗剤つけて泡立てて…
…食べ物と洗剤の匂いも混ざって気持ち悪いしあああもう嫌

となる前に。

まずは食器についた食べ物を落としましょう。
ティッシュでもキッチンペーパーでも布でも良いのですが
油の汚れが多いときはあらかじめ拭いておきます。

次に、水をちょろちょろ出しながら、スポンジでお皿についた汚れをさらさらーと流し落とします。

以上!

本当に、これだけでその後の作業がめちゃ楽!!!

大きな汚れを落としたら、ここで初めてスポンジに洗剤をつけます。
ある程度きれいなお皿たちなのですいすい洗えますよ。
スポンジの泡立ちも損なわれず快適です。

一番のコツは油汚れを拭き取り、水で予洗いすることなのですが、
そのほかにも小さなポイントがあるのでご紹介しますね。

スポンジを2つ使う

予洗い用と仕上げ洗い用にスポンジは2つあった方がよいです。
汚れたスポンジを洗う手間が省けます。
さらにいうと、予洗い用のスポンジは網目が粗いものが使いやすいです。
ざざっと洗えるしスポンジに汚れがつきにくいのです。

温水を使う

油は温かい方が緩んで柔らかくなります。
なので、ぬるま湯を使うと冷水で洗うときよりも、油汚れが落としやすいです。

ゴム手袋を使う

油のヌルヌル感とか、手ににおいがついたりとか、爪に汚れがついたりとか…
不快ですよね。
ゴム手袋を使うと解消されますよ。100均でも買えます。

他にも
・水の冷たさが緩和される
・洗剤による手荒れの心配が減る
・お皿を洗うときに滑りにくい

        …となかなかに良いことずくめです。

まとめ

私の実体験に基づいて、お皿洗いが楽になる、好きになる方法を書いてみました。
ベタベタ汚れの拭き取りと洗剤を使わない、水だけでの予洗い、試してみてください!