電動歯ブラシには使えない歯磨き粉があるの?なんて成分がダメ?

歯ブラシ 生活
Pocket

こんにちは。薬剤師monakaです。

私は電動歯ブラシを使ったことがありません。歯磨き粉へのこだわりもありません。歯磨き粉を買うときは、CMで見たものやお買い得品から毎回適当に選んでいます。

最近、電動歯ブラシを使う人から「電動歯ブラシOKの歯磨き粉か確認して買わないといけない」と聞いて「え?どういうこと?」となったのでまとめてみます。

電動歯ブラシNGな成分とは

はい。発泡剤と研磨剤(清掃剤)です。それぞれどんなものか見てみましょう。

発泡剤

泡立つ成分です。口の中が泡でいっぱいになり洗浄された気になりますが、実際は泡にごまかされ十分に磨けていないことが多いようです。代表的な成分は以下の通りです。

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ショ糖脂肪酸エステル   など

研磨剤(清掃剤)

歯の表面を磨くための固い成分です。歯の表面や歯茎を傷つけてしまうため不要です。代表的な成分は以下の通りです。

  • 無水ケイ酸
  • リン酸水素ナトリウム
  • 炭酸カルシウム
  • 水酸化アルミニウム   など

電動歯ブラシにおすすめの成分

いっそ電動歯ブラシも手動の歯ブラシも、「歯磨き粉なんて使わなくても良いです。丁寧にブラッシングすることがなによりも大事なのです。」という意見もありました。

そんな中、一つだけ絶賛される成分がありました。

フッ素

歯を強くする成分です。虫歯になりにくくする成分として歯科でも使われています。最近はフッ素洗口液が市販されるようになったりと、とても注目されています。

まとめ

電動歯ブラシによる振動で泡が出すぎて十分に磨けないおそれのある発泡剤、歯や歯肉を傷つけてしまうおそれのある研磨剤(清掃剤)は電動歯ブラシ使用時に避けた方がよいことが分かりました。

電動歯ブラシだけでなく普通の歯ブラシにも当てはまることかもしれません。

すっかり歯磨き粉をつけるのが当たり前になっていますが、歯磨き粉なしでも十分プラークの除去は可能です。電動にしても手動にしても、なによりも大事なことは歯ブラシがくたびれていないことと、歯の隅々までブラッシングすることです。歯間フロスも必須ですね。今思えば、発泡剤の泡立ちにはだまされていた気がしてなりません。歯磨き粉頼りにせず基本の歯磨きを頑張ろうと思いました。

タイトルとURLをコピーしました