ビニール袋とポリ袋って同じ?別物?

生活
Pocket

こんにちは。薬剤師monakaです。

スーパーのレジ袋、原則有料になりましたね。レジ袋に「この袋は燃やしても有害ガスを発生しません」という表示が時々みられますが、気づいたことがありますか?
・レジ袋って何から出来てるんだろう?
・そういえばビニール袋って最近聞かないけど今もあるのかな?
そんな人向けに、今回はプラスチック袋をテーマに書いてみます。

身の回りにはポリ袋しかない

結論として、レジ袋はポリエチレンという素材で出来ています

「ビニール袋」はいつの間にか日常から姿を消していました。
農業用のビニールハウス、水着を入れるバッグ、テーブルクロスなどに使われているので、完全にビニール素材が無くなったわけではないのですが、私たちが普段レジ袋、ゴミ袋と呼ぶあの袋は全てポリ袋です。ポリエチレンでできています。

ビニール袋はポリ塩化ビニルからできるので、あれもポリ袋だったんだなあ。なんて思ったりします。ビニール袋には塩素が含まれていまして、燃やすと有害ということで淘汰されました。・・・と思ったのですが、どうやらそうでもないらしいです。塩化ビニルがあろうと無かろうと、焼却設備の性能が低く燃やし方が不十分なときは有害物質が出るのだそうです。なにそれ。

塩化ビニルは悪くないと証明されるのが遅かったのでしょうか。それともポリエチレンが優秀なのでしょうか。とにかく塩化ビニル製のビニール袋はもう身の周りにはなさそうです。ただ、紛らわしいことに素材はポリエチレンで商品名が「ビニール袋」なんてものは存在してます。

(ついでに)ポリプロピレン製のポリ袋の話

薄いシート状のプラスチックはポリエチレンだけではありません。郵便物を包むプラスチック、ありますよね。あれはポリプロピレンで出来ています。ポリ袋と呼んで差し支えないようです。ポリエチレンと比べて透明で固い印象ですね。

まとめ

プラスチック素材の袋は「ポリ袋」と呼びましょう。
といっても、クシャクシャパリパリ音のする薄いプラスチックのこと、つい前々からのくせで「ビニール」って呼んでしまいそうです。

タイトルとURLをコピーしました